2016年12月

クレジットカード現金化の換金率とは

 

クレジットカード現金化サービスのサイトではよく還元率98%などといった数字が見られますが、還元率とは何なのでしょうか?これは例えば10万円のクレジット決済を行うと、その98%、つまり9万8千円が現金として振り込まれますよということを示す数値です。

 

2千円損をするけれど、来月まで待つはずだったお金が9万8千円も手に入るということになります。

 

クレジットカード現金化の還元率が高い理由

 

クレジットカードの還元率が高いのは、その現金化までの速度と関係するところがあります。

 

初めて利用する方で10分程度、再度利用する方で最短5分程度の時間で入金が行われます。

 

1回の取引時間が短いことは借りる側にとっても貸す側にとってもメリットがありますね。

 

高還元率の実態

 

短時間でこの場合では2千円を売り上げる計算になりますが、これを年利に置き換えて考えるとその実態が見えてきます。

 

10万円のクレジット決済後、5分で9万8千円が入金されたとします。これは5分で2千円の利子が付いたと考えられます。

 

これを計算の簡単な単利計算で求めてみると、約20万%というよくわからない巨大な年利が算出されます。

 

クレジットカード現金化業者について

 

利用する側とすれば、例として出した還元率98%の通り受け取れるのであればかなりお得なサービスとなりますが、この還元率は何百万というお金を借りた場合に付く想定上の最高還元率であって、10万円であれば精々80%程度の還元率となります。2千円どころか2万円も損をしてしまうことになりますね。

 

このように実態としてはかなり黒に近いグレーゾーンでの商売を行っているクレジットカード現金化業者を利用することは自身にとってもあまり良いこととは言えないようです。

 

最後にひとこと

 

クレジットカード会社の還元率について触れましたが、還元率とは年利を逆算して計算したようなもので、ここに数字のトリックが隠されています。

 

見た感じはよい印象を持つ数字を使って実態としては高利貸しを行っているというのがクレジットカード現金化業者の正体です。

 

如何に自分が切羽詰った状態にあって即金が必要だったとは言っても、こういった業者に引っかからず、現在は法律を遵守して運営を行っている消費者金融に頼ったほうが実は損をしないということを覚えておきましょう。

続きを読む≫ 2016/12/06 18:14:06