2015年12月

検索すればするほど出てくる注意説明文や甘い誘惑を醸し出す広告文の数々・・・。

 

目がくらんできてしまいそうな派手なデザインや説明は、お金に困っている当事者からしたら願っても叶ったりな有益な換金手段であるかのようにすら感じてしまうのかもしれません。

 

しかし、そんなことは無い、と断じてその誘惑を断ち切ろうとしている関連団体の注意書きですが、クレジットカード現金化そのものが法的規制が存在しない為に、これを断定的に違法・犯罪行為としての断定した言葉遣いを避けている事もまた印象的です。

 

実は過去に世間を騒がせた話題を探りましても、クレジットカード現金化を特定した形では無く、何かと紐付をしている事で立件しており、例えばクレジットカード現金化業者の売上金に対する脱税や、商品取引を実際には行っていなかったり、古物商を取得していながらも買戻しの手口をしていたなど、換金取引における名目やその他付随される別な切り口から取り立たされています。

 

しかも申込みした人は換金を目的にしているのですから、同意をしているとみなされるでしょう。

 

このように、少なくとも正規に管轄下で営業されている業者でも無く、自治団体がある訳でも無いし、お金が絡むとなりますとさらにイメージが悪くなる一方ですが、その仕組みは意外にも単純です。

 

これは個人間でも成立出来る事であり、例えばキャッシュバックに絡んだ事で説明しますと、換金を希望するクレジットカードホルダーが友人Aくんにクレジットカード現金化の話しを持ち掛けたとします。

 

希望者はAくんが欲しがっている商品を代行して購入(クレジットカード決済)するから、気持ち値引いた金額を現金でくれない?というコトも立派なクレジットカード現金化になります。

 

本来であれば支払いが終わるまで存在する購入物の所有権は、発行元に所在があるのですが、この場合ですと支払いが終わっても居ないのに実際に所有している人はAくんです。

 

買取式につきましても同様な事が言え、買った物をどう扱うかなんて購入者の勝手だろうとする風潮が有りますが、実際はそんな事は有りません。

 

ここら辺の話までになりますと、少々難しく考えてしまいそうですが、基本的に現金として引き出すことが出来ないショッピング枠の存在を、一旦物に置き換える事によって換金を可能としているということです。

 

換金率の細かい話になりますとまた面倒くさいのですが、モノの価値を気にしなければ何でもクレジットカード現金化をする事は出来ますよね。

続きを読む≫ 2015/12/08 16:12:08