2015年10月

クレジットカード現金化は社会的なバッシングを受けやすいというか、受けて当たり前な仕組みとも言えます。

 

そんな状況の中でも創業●●年と二桁を超える数字で運営年数を重ねているとそれだけで安心感を感じませんか?しかし、その創業はお店側から発信された情報であり真実であるかどうかにつきましては疑わしい点もあるようです。

 

会社の全部履歴事項証明証や、ドメインやサーバーの取得証明書などの提示がされているわけでも無いですから、情弱な方々は見るモノをすべてありのままに受け取ってしまいやすいです。

 

唯一確かめる方法としては、ドメイン取得日をWEB上で確認する事が出来ますのでリニューアル等をした際に変更される場合も有りますが、基本的にしょっちゅう変わるモノでは有りませんので参考になるかと思いますが、それでもそれを全て信用するような情報でもありません。

 

しかし、長らくクレジットカード現金化という換金の仕組みが今も続けられている事、悪徳業者は過去何人にも渡って逮捕されている事、利用者は逮捕されない事を考えますと、これらの事象は全て既成事実であり「なんで?」という疑問も浮かぶところではありますが換金は可能です。

 

業者の運営年数に対しては確証を得られないものの、仕組み自体の存在は歴史が有りますので、ある意味では広く利用されている実績が伺えるコトは確かですね。

 

業態を変えて新サービスとして打ちだし、新たな換金方法を模索して幅を広げている業者も有るようですが、どれもこれまでの前例がない方法で有り、単純に申込み者と業者の繋がりだけでなく媒介物を発行する業者も巻き込んだ取引となっていることから通常の商品取引と何ら変わりのない形で営業をしていることから留まる事が無いと当サイトでは考えます。

 

それでもすべて事業者が悪いという見方もナンセンスではないでしょうか?少なくとも取引の性質を知った上で利用している消費者の方があざといと言えるのでは無いでしょうか?

 

換金をすることの行く末は支払いが出来ない事を既に承知の上でクレジットカード会社とトラブルになったとしても、当人はすでに換金代金を受け取って居ながらも支払いに対して抗弁を申し立て、当然そのような人物ですから利用停止処分になったとしても失うモノは何もありません。

 

話しが逸れてしまいましたが、営業年数や老舗の文字は特に気にする必要は無い項目であり、後発の業者がより良いサービスを提供している事なんてよく有る事であり、老舗だからどうこうなんて普通の小売店であれば話は別かもしれませんが、金策の取引内容に年数など不要でしょう。

続きを読む≫ 2015/10/15 20:18:15