クレジットカード現金化業者を還元率で格付け!

クレジットカード現金化業者を還元率で格付け!

クレジットカード現金化の還元率はとっても重要

 

クレジットカード現金化では還元率によって手に入る現金がいくらになるか決まります。

 

そのため、クレジットカード現金化業者の比較は還元率に始まり還元率に終わる・・・業者を比較する際には常に還元率が重要視されます

 

還元率が高ければ、クレジットカードを使った金額に対して手に入る現金が多くなるので、利用者にとっては高い還元率を期待するのは当然のことではあります。

 

クレジットカード現金化を利用して、クレジットカード現金化業者に返済する?いえいえ、クレジットカードで使った分は、あとでクレジットカード会社に支払いをしなければならない、これは自明の理であります。

 

そのクレジットカード会社への支払い額と、手元に入る現金に差額が発生するからこそ、利用者は還元率を追求するのです。

 

そもそも、差額がないくらい高い還元率を可能にしているクレジットカード現金化業者がいれば、みんなこぞってその業者を使い、比較することも、ましてや還元率という言葉すらないはずではあります。

 

しかし、還元率が100%近いような数字を載せているクレジットカード現金化業者が多い中で、なぜクレジットカード現金化業者の比較サイトが蔓延する状況なのでしょうか?

 

考えてもみてください、どのクレジットカード現金化業者でも100%に近い取引を行っているのならば、どこを選んでもいいはずですし、たくさんの業者がいるはずもありません。

 

それは100%に近い数字の還元率が土台無理な話だということを物語っています。

 

よくよく考えると、100%に近い還元率であればクレジットカード現金化業者の利益はどこで発生するのでしょうか?・・・まさか業者はお金に困った人たちを助ける慈善事業をしている!?そんなわけはないでしょう。

 

サービスが存在するのは、そのサービスが必要だという需要があるからこそ営業できるのであって、需要があるものに対しては利益が発生することを見込んでサービスを提供するのが今の世の中の仕組みです。

 

これはクレジットカード現金化業界でも同じことであり、お金に困った人がクレジットカード現金化をしてでも現金が欲しいという需要があるからこそクレジットカード現金化業者が存在し、そこに業者の手数料が発生したとしても需要があるので利用する人はいるのです。

 

クレジットカード現金化利用者にとって重要な還元率は、実は業者にとっても重要なものになるのです。

 

利用者としては還元率が高ければいいと述べましたが、クレジットカード現金化業者にとっては還元率は低いほうがいいです。

 

還元率が低いということは、当然クレジットカードで購入する金額と手元に入る現金の差は大きくなり、その差額が大きければ業者の手数料、つまり業者の利益も大きいことになります。

 

しかしながら、利用者にとっての還元率と業者にとっての還元率はお互い均衡することはなかなか難しく、還元率が高ければ利用者が増えることは確かですが、利益が見込めない取引ではまず営業をすることが難しいですし、かと言って還元率が低すぎても利用者がいないということになります。

 

クレジットカード現金化業者としては、利用者との還元率の認識のすり合わせが必要になるはずですが、中には還元率に関する説明を避けるために、最初のうちは高い還元率を提示しておきながら、あとから還元率を下げて取引を行おうとする安易な考えを持つ業者も存在します。

 

後で提示された還元率に関してキャンセルを申し出るのは当然のことではありますが、その中でもひどい手口の業者としては、キャンセル料を請求したり、取引をしたあとに低い還元率であったことが判明するパターンです。

 

このようなクレジットカード現金化業者は悪徳業者として批判されるべきですが、利用者としても、あまりに高還元率で取引をするという業者は何かしらの裏があると考えていいでしょう。

 

クレジットカード現金化業者を還元率で比較するのは最もですが、還元率だけで比較することはあまりおすすめできません。

 

還元率だけを重視してしまうと、クレジットカードが利用停止になってしまったり、悪徳業者に騙されたりと、その後のリスクが大きくなる危険性があるからです。

 

『クレジットカード現金化業者を還元率で格付け!』では、還元率は元より、クレジットカード現金化におけるリスクを最大限に回避した上で還元率が高い業者をご紹介いたします。

 

クレジットカード現金化では還元率を比較することが重要ですが、実際に業者に話を聞くこと以上に有益な情報はありません。

 

しかしながら、時間がない利用者にとって、数多くのクレジットカード現金化業者に片っ端から話を聞く時間があるかといえば、そういうわけにもいかないでしょう。

 

当サイトでは厳選した3つの業者をご紹介しますが、3つの業者の中でどの業者を選んだとしても満足のいく還元率を出してくれる業者しかご紹介しません。

 

ご紹介する3つの業者はクレジットカード現金化におけるリスクがない業者ではありますので、還元率の比較に専念できる業者でもあります。

 

まずは申し込みをした上でそれぞれの業者に話を聞き、還元率を比べてみるといいでしょう。

 

クレジットカード現金化業者を還元率で格付け!厳選3社

 

ゴールドラッシュ

クレジットカード現金化業者で還元率が高いと言えばゴールドラッシュの右に出る業者はいないでしょう。

 

その最大還元率は業界トップであり、クレジットカード現金化が初めてという人でもその高い還元率からリピートする人も多く、リピート率は90%以上になっています。

 

ゴールドラッシュのクレジットカード現金化概要

  • 最大還元率:98.8%
  • 営業日:年中無休
  • 営業時間9:00〜21:00
  • 手法:キャッシュバック方式
  • リピート率:95%

 

ギフトクレジット

ギフトクレジットといえば言わずと知れた老舗のクレジットカード現金化業者ですが、長年営業を続けてこれた理由が還元率が高いことによって利用者が多いからであるといえるでしょう。

 

純粋な還元率勝負ではゴールドラッシュよりも少し低いくらいですが、丁寧な接客で利用者の支持を得ている点ではゴールドラッシュ以上の安心感があります。

 

ギフトクレジットのクレジットカード現金化概要

  • 最大還元率:92%
  • 営業日:年中無休
  • 営業時間9:00〜21:00
  • 手法:キャッシュバック方式
  • リピート率:97%

 

現金化のらいふ

現金化のらいふは現在最も勢いがあるクレジットカード現金化業者であり、その還元率も上記2社に追いつくくらい高い還元率になっています。

 

現金化のらいふは営業年数こそそれほど経っていないにもかかわらず、高い還元率で多くの利用者を獲得しているクレジットカード現金化業者です。

 

現金化のらいふのクレジットカード現金化概要

  • 最大還元率:91%
  • 営業日:年中無休
  • 営業時間9:00〜21:00
  • 手法:キャッシュバック方式
  • リピート率:95%

 

 

 

クレジットカード現金化は手間を最大限に省いた金策

 

積極的な注意喚起が行われているにも関わらずクレジットカード現金化を利用する方も増えてきています。

 

その一方で「興味はあるのだけれど利用することで自分が逮捕されるのではないか」と漠然とした不安からその利用に一歩踏み出せない方もいるかと思われます。

 

チラシや駅前などでのティッシュ配りでその存在を知ったという方も多いはず。

 

そこで、クレジットカード現金化を利用すると逮捕されてしまうのかという疑問が浮かぶことと思いますが、過去のケースを見ると現在まで利用者が逮捕されたというケースは存在しません。

 

なぜ逮捕されるかも知れないから怖いという気がするのか、それはこのクレジットカード現金化商法自体がグレーゾーンであること、過去に逮捕された業者があり検索すると当時の記事が今でも確認出来ますが、実は過去に逮捕された業者といってもそれは特別悪徳な商売をしていた業者だけです。

 

つまり通常のクレジットカード現金化業者とは関係はなく、出資法違反、他人のクレジットカードを無断使用していたなどの詐欺行為を行っていたようですが、そういった悪徳業者はどこの業界にもいるものです。

 

とある比較サイトの情報に寄りますと悪評の目立っていた昔とは異なり次第に淘汰されており、現存しているお店の中でも特に評判の良い店舗を利用すれば自分が被害に遭うこともなく、尚且つ安心してクレジットカード現金化を行えるということになりますね。

 

悪徳業者には特徴があります。

 

そこを抑えておくだけであなたが被害にあう確率はぐっと下がると言われ、厳密には利用者が検挙されたコトは有りませんが二次、三次被害など見えないリスクを100%無くすことさえできるのです。

 

それでは悪質業者かどうかを見極めるコツをご紹介したいと思います。

 

まず、こういった業者はスマートフォン用のサイトしか用意していない場合が非常に多いです。

 

更には電話での対応がスムーズではなく専門のコールセンターサービスを利用していなかったり、電話応対用の社員を雇っていない場合が多いです。

 

また、サイトに住所が明記されていなかったり、そもそも古物商としての認可を受けていないといったケースも見られますが、あなたが被害に遭わない為にはこのような基本的項目に着目して置くだけでいいのです。

 

この情報だけであなたが被害に遭う確率はぐっと下がりますが、より店員の戦略に飲まれないようにする為に必要なこととして、比較サイトで最新情報を得るということです。

 

クレジットカード現金化の最新情報

 

悪徳行為をしている業者には被害者がいるもの。

 

そういった方たちが口コミサイトなどを通じて情報を上げてくださっているので、その情報を是非活用しましょう。

 

そして、優良店の中には10年以上経営を続けているところも現存していることにより、実績のある優良店を見つけてしまえば安心してクレジットカード現金化を利用することができると思います。

 

こういったお店を利用すれば万が一にも被害を受けることもなく、またクレジットカード現金化を利用しても逮捕されるようなことは無いと言われているのが現実ですので、不安なことは無く安心してご利用いただけるかと思います。

クレジットカード現金化をするなら、やはり換金率の高い取引ができればいいとかんがえるかもしれませんが、しかしながら、今の世の中にはいろいろな商品が溢れていますので、どれが換金率の高い取引ができる商品なのかイマイチわからないという方も多いでしょう。

 

ですが、クレジットカード現金化において換金率の高い商品としては、ブランド品が挙げられます。

 

人気ブランドを利用したクレジットカード現金化は換金率が高い!

 

クレジットカード現金化においては、換金率の高いブランド品を狙って購入し、それを買い取ってもらう形になりますが、しかしながら、有名なブランドだからといって必ずしも換金率が高いわけではありません。

 

購入するブランドの中でもただブランドであるというだけではなく、人気があるブランドでなければいけないのです。

 

人気ブランドであれば、買取金額も高くなることが予想されますので、かなりの換金率を期待することができます。

 

もともとの値段がどれだけ高いものであっても、人気がなければ換金率は低くなってしまうのです。

 

ブランド品といってもいろいろなブランドがありますが、人気ブランドといって問題ないのがエルメス、シャネル、ブルガリ、ヴィトンでしょう。

 

ブランド品で時計を思い浮かべた方もいるでしょうが、時計であればロレックスが鉄板だと言われています。

 

これらのブランド品は人気が高く、つまり需要が高いということになるために購入した金額に近い金額で買い取ってもらうことが可能なために、換金率が高い取引ができるのです。

 

ブランド品は新作の登場で値崩れする場合も

 

高い換金率を期待できるブランド品ですが、ブランド品は基本的に次から次へと新作を出すものであり、例えば、人気のバッグがあったとしても、そのバッグの新作が登場すれば、ひとつ前の古いタイプという扱いになり、一気に値崩れしてしまいます。

 

新作の登場は、ブランド品における重要なポイントになり、どんなに人気のあるものでも翌日に新作が出れば、一気にその価値が下がってしまうこともあるのです。

 

もちろん、ブランド品の中には古ければ古いほど価値も上がるというようなタイプのものもあります。

 

そういったものを見つけることができれば、換金率もかなりの期待が持てるかもしれませんが、ただ、ブランド品に関してはやはり新作の登場がその価値に大きな影響を及ぼすということを忘れないようにしたいものです。

 

ブランド品というのは誰もが憧れるものですし、だからこそ常に需要がありますが、しかしながら、思っている以上に変動しやすい世界でもあるのです。

続きを読む≫ 2017/05/22 16:46:22 2017年05月

世の中にはいろいろな買い取り業者が存在するものです。

 

ファッションアイテムを買い取りしている業者もいれば、重機を買い取りしている業者もいます。

 

基本的に、世に出回っているものすべてにおいて買い取り業者がいるといっても過言ではありません。

 

最近では電子マネーというものが一般的になりましたが、この電子マネーを買い取りする業者も出てきており、この電子マネー買い取り業者を利用してクレジットカード現金化を狙っていくことも不可能ではありません。

 

電子マネーは電子マネー買い取り業者に買い取ってもらう

 

一般的に電子マネーというのは、クレジットカード現金化には向かないものと言われています。

 

電子マネーは一般的にチャージをするものなので、実際に何か商品を買って売るというわけではないために、クレジットカード現金化においては実際に売るものがなかったためです。

 

しかしながら、電子マネー買い取り業者が登場してきた今なら、電子マネーによるクレジットカード現金化というのも不可能ではありません。クレジットカードで電子マネーをチャージし、それを電子マネー買い取り業者に買い取ってもらうという流れになります。

 

電子マネーのチャージだけであれば、クレジットカード会社のほうから目をつけられることもないでしょうし、目をつけられない分、クレジットカード利用停止のリスクもおさえられるものです。

 

クレジットカードでチャージした電子マネーに限らず、ポイントの換金などでためた電子マネーなども買い取ってもらうことができるでしょう。使い道のない電子マネーを買い取り業者に買い取ってもらえば、使わない電子マネーも無駄にはなりません。

 

信用できる業者が少なく、換金率も低い

 

電子マネーを買い取ってくれる業者は確かに存在するのですが、最近できたばかりのところが多くハッキリ言って信用できるところは少ないものです。

 

そのため、悪質な買い取り業者に引っかかってしまうという可能性もゼロではありません。

 

また、残念なことに電子マネーの換金率というのは今のところ低い傾向にあります。

 

よくて70%くらいになりますので、仮に電子マネーを買い取りしてもらい現金化してもらっても損をしてしまった感じが否めないでしょう。

 

ただ、電子マネーがたまりにたまって使い道もないし、うまく使える自信がないという方であれば、買い取り業者に電子マネーを買い取ってもらうというのもひとつの方法でしょう。

 

続きを読む≫ 2017/03/27 18:15:27 2017年03月

クレジットカード現金化というのは、いざというときに便利なものです。特に、借り入れができない方にとってはまさに救いの手となってくれるでしょう。
しかしながら、便利なクレジットカード現金化にもデメリットはあります。デメリットを十分に理解した上で、クレジットカード現金化を検討していきたいものです。

 

クレジットカードを停止させられる可能性がある

 

今では誰もが持っているクレジットカードですが、通常であれば本当に必要なものを購入する際に使うものです。
クレジットカード会社ももともとクレジットカード現金化なんてものを想定した上でクレジットカードを発行しているわけではないのです。
クレジットカード会社にしてみれば、クレジットカード現金化というのは決して喜ばしいものではありませんし、むしろクレジットカード規約に違反している使い方です。そのため、もしクレジットカード現金化がクレジットカード会社のほうに知られてしまうと、せっかくのクレジットカードを停止させられる可能性があるのです。
それまであるのが当たり前だったクレジットカードが使えなくなると、生活というのは一気に不便になるでしょう。

 

悪徳業者につかまる可能性がある

 

クレジットカード現金化を謳っている業者は非常に多くなっています。
しかしながら、そのどれもが優良業者というわけではありません。中にはクレジットカード現金化を希望している方から最後の一滴までお金を搾り取ってやろうというような悪徳業者も存在します。よく調べないままに悪徳業者につかまってしまうと、本当に大変なことになります。
一時的にちょっとしたお金がほしかっただけなのに、悪徳業者につかまってしまったばかりにとんでもない金額を請求されてもっとひどい状況になってしまうという可能性もあるのです。
しかも、悪徳業者というのは悪徳業者同士で強いつながりを持っているものです。そのため、悪徳業者を利用した際の個人情報が他の悪徳業者に流れる可能性もあります。
そうなってくると、常に悪徳業者から狙われている状態になりますので精神的にも落ち着いてはいられないでしょう。悪徳業者というのは本当にタチが悪いので、一度でも関わってしまうと思っている以上にひどいことになってしまうのです。

 

クレジットカード現金化はメリットが大きい分デメリットも大きいです。

クレジットカード現金化をしようと思ったら、まず還元率を考えるのではなく、本当に利用が必要かどうかを考えるべきであるといえます。

続きを読む≫ 2017/02/22 15:04:22 2017年02月

クレジットカードの普及から半世紀以上経ちますが、クレジットカード現金化が世間に知れ渡るようになったのはここ10年位の話です。

 

インターネットが普及するまでは、クレジットカード現金化は知っている人は知っている、というくらいでした。

 

昔からのクレジットカード現金化の手法としては、駅前に店舗を構える業者が指定した新幹線のチケットをクレジットカードで購入し、それを買い取ってもらうという方法が主流でした。

 

インターネットが普及していくにつれて、この方法で現金を手に入れることができるという情報を得た人たちが増え、新幹線のチケットを利用したクレジットカード現金化をする人が多くなっていきました。

 

クレジットカード会社はこの状況から、新幹線のチケットや金券類などの購入を制限していきました。

 

インターネットが普及すると、ネット上に店舗を構える無店舗型の業者が現れました。

 

手法も巧妙になり、キャッシュバック方式やアマゾンギフト券の利用など、形を変えてあの手この手で利用できるようにしていったのです。

 

そんな中で、2011年にクレジットカード現金化業者が初めて摘発されるという事件が起こりました。

 

この業者は実質的に出資・貸金をしていたとして出資法・貸金業法違反として逮捕されたのです。

 

その後も、架空の取引を行っていたとされる業者は次々と摘発をされていきましたが、取引をしっかりと行っていた業者は今でも営業を続けています。

 

クレジットカード現金化は何か問題が起こるたびにその手法を変えていくことで存続していく、いわばイタチごっこのような状態ではあります。

 

これはクレジットカード現金化したいという人がいればこそのことです。需要があるところには必ず業者も存在します。

 

現状では、利用者のリスクはクレジットカードの利用停止・強制解約くらいです。クレジットカード会社に訴えられた、逮捕、摘発されたという人は全くいません。

 

しかし、もし利用者を訴えるようなことがあれば、逮捕、摘発という事態に発展してもおかしくはありません。

 

そうなれば利用したいという人自体が少なくなる、つまり需要がなくなるということになり、業者も減っていく可能性があります。

 

また、クレジットカード現金化に代わる新しい方法でより多くの現金を手に入れるサービスが登場すれば、相対的に需要が低くなることも考えられます。

 

そう考えると、いずれはなくなるサービスであるということが予想されるでしょう。

続きを読む≫ 2017/02/08 12:47:08 2017年02月

一歩家から外に踏み出せば、お金を使わざるを得ないというのが今の世の中です。

 

どこかに遊びに行きたいと考えても、無料で楽しめるところは公共の公園くらいでしょうし、何か飲み物が欲しくても水道水で我慢できますか?おいしいコーヒーやオシャンティーなカフェでお喋りしたいですよね。

 

移動するにしても徒歩や自転車では距離が限られますから、車や電車を利用すれば移動だけでお金は掛かります。

 

これには未成年も大人も関係ありませんね。

 

お金を必要とする行動には年齢は関係が無いように、未成年も大人と同様にクレジットカードを所有する事が出来ます。

 

条件と致しましては高校卒業後の18歳以上が基本条件とされ、法改正が検討されていますが18という数字が成年擬制としての目安になりつつあるようです。

 

選挙権も18歳からになりましたので、行政サービスから民間サービスまで対応する流れが有りますが、しかし17歳以下、18歳未満の未成年は全員クレジットカードを所有する事が出来ません。

 

18歳以上でも就業して収入があれば可能であったり、審査する際には法定代理人である保護者を名義人として発行された家族カードを所有する事も出来ます。

 

クレジットカードさえあれば利用できると紹介される事が多いクレジットカード現金化ですが、実は未成年はこれを業とする店で受付される事は皆無です。

 

先ほど法定代理人という言葉ですが、20歳以上になればあらゆる法定行為の責任が本人に及ぶのですが、基本的に20歳未満の場合には法定代理人が監督する立場になります。

 

つまり、未成年が利用したことで発生したトラブルはクレジットカード現金化業者からすれば「未成年がしたこと」だからと強制的にキャンセルされる恐れを嫌っているのです。

 

それでも比較サイトにて、「未成年でもクレジットカード現金化は利用できる?」とする事の裏側には、申し込みをさせる事で報酬が発生する仕組みが肝になっています。

 

これは比較検討者&クレジットカード現金化業者の両者から見ても悪質と言っても過言では無く、そのような比較サイトは未成年であろうが申し込みさせれば収入が発生するのです。

 

業者からすれば利用できない客の集客ですから赤字です。

 

それを裏付けるかのように、「とりあえず申し込みをしてみてください」「もし利用する時は無理の無い範囲で」「利用する時は気を付けて」などのように、換金の可能性を含ませる表現で発信されています。

 

結論と致しましては、どのような方法であっても無理ですし、トラブルになれば相応のお叱りが保護者や管理会社からあるでしょうし、その後の信用情報にも影響を与えかねません。

続きを読む≫ 2017/01/05 15:49:05 2017年01月